ギークなお姉さんは好きですか

恋焦がれる理想の男性・ギークに近づくため、プログラミングがわかるお姉さんを目指すブログ

あるゲームプロデューサーの話。

「ゲームを作ることは舞台に立つことと同じ。
 完成の瞬間まで、インプットをためてためて一気に爆発させる。
 長丁場でしんどいけど、クリエーターはTwitterでアウトプットを小出しにしちゃダメ。
 最後まで緊張感を持ってつくっていきたい」

宝塚の舞台を観た後で、そう力説してた。
私の大好きなネトゲをつくったゲームプロデューサーさん。

「宝塚のトップスターってさ、誰が見てもほかの人とは違う ”華がある” よね。
 ゲームもみんなが”おもろい””おもろない”って感じるモノが確実にあるのよ。
 数値化できないし理屈じゃないけど、絶対にある。
 それを追求していかなきゃならない」

何を見ても「これゲームに使えないかな?」って考えてる。
ラインダンスを見ても「ドラクエっぽい」*1とか、ショーのワンシーンで流れた曲を聴いて「ファミコン魔界村でも使ってたと思う」とかw

そしていつも、ものすごくたくさんゲームの話をしてくれる。
ギークだ!ゲームギークだ!!アルファゲームギークだー!!!*2
どのジャンルのギークにも共通してることは、異常なまでの好奇心。もちろん、いい意味ね^^
新しいもの、変わったもの、アンテナに引っかかったものすべてに敏感に反応する。
「知る」 ことに対してものすごく貪欲。つくることは知ることなんだと思った。


私が宝塚好きだって話をしたら、次に会ったとき、
「べにの話についていこうと思って、俺ひとりでヅカ観に行ってきたよ」
と言われてびっくり!!!
「機会があれば観たい」という人はよくいるけど、実際に行った人は初めて。
しかも男の人1人で宝塚!ヒットするゲームをつくれる理由が分かった気がした。
少しでも興味を持ったことは、機を逃さず自分でキャッチしに行く。恐れ入る。

「インプットは、いろんなものをみていろんな人に会う。
 それがすべて。」

と弾言するだけあって、ストーカーみたいな身も心もキモい私とも会ってくれて
なんていい人なんだ!!!!!
この場合のインプットは、ネットで得られる情報じゃなくてリアルの方。
そして、”生”のインプットをすごく大事にしてると話してた。

「”お約束”は大事だけど、生のドキドキするライブ感も大事。
 宝塚スターは絶対に舞台の階段から落ちないけど、絶対にあり得ないわけじゃない。
 でも絶対に起こらないのはすごいじゃん。
 お客さんはどこかで、その緊張感が破られることを期待してる。
 その危うさのバランスは、生じゃないと感じられない」


・・・そんな話をした後で、突然
ヤン魂好きなべにが宝塚好きなの分かる気がする」と納得していた。
その2つは私の中で全く結びついてなかったので「???」ってきょとんとしてたら、

「宝塚って、先輩・後輩の序列がはっきりしてて規則が厳しいよね。
 ヤンキー文化もそういうとこあるでしょ。
 あのね、ランウェイのモデルって、完全に実力社会で裏ではものすごい
 いじめや嫌がらせがあるんだって。
 でも、ギャルモデル業界はそういうのないんだよ。ヤンキー気質だから。
 ”上”と”下”っていう概念がキッチリしてるの。
 べにが好きなヤン魂もヅカも、そんな風に礼節を重んじて上を立てたり、
 ちゃんとスジ通すとこあるから」

あー、そう言われてみればそうですね…とうなずきながら、頭の中では
ぜんぜん違うこと考えてた。
目の前に本物の安藤さんがいて、ヤン魂好きなべに」という言葉を発している奇跡。
だって、10年前の僕らは胸をいためて「安藤大好き!!」なんて叫んでた!


感慨深いな…。しみじみ。
そしていまだに当時のSSもチャットログもすべて保存してある私は、
ヤン魂ギーク」 を名乗ってもいいと思う。

*1:私は初めて見たとき、文明堂の「カステラ一番」のCMっぽいと思ったw

*2:ギークの定義がかなりざっくりしてきたけどキニシナイ!!